ホーム > 特設会場 > ブラジャーのお手入れ方法



形が崩れにくい、長持ちさせる洗濯方法

せっかく買ったお気に入りのブラジャー。
どうせなら、少しでも長く使いたいものですよね。
一般的にブラジャーの寿命は着用約100回とも言われていますが、その回数とはつまりは洗濯の回数とほぼ同じ。
しかも、レースやワイヤーなど繊細なパーツも多いため、洗い方で寿命も変わってくるのです。




【用意するもの】
・洗面器
・下着用洗剤
・ティースプーン
・タオル(必要であれば)



【下準備】
[ 1 ]
下着用洗剤をティースプーンで適量すくい、ぬるま湯で溶かします。
ぬるま湯の水温はタグの洗濯表示をご参考ください。
※高温で洗うと色落ちする可能性がございます。
[ 2 ]
ブラジャーカップの内側(パッドポケット)からパットを取り出します。
その時、パット口を伸ばさないように注意してください。
さらに、パッドポケットの中のゴミや糸くずをチェックします。
[ 3 ]
生地を傷めないようにフックを留めます。
サイドパネルの中のゴミや糸くずもチェックしましょう。





【洗う】
[ 4 ]
ブラジャーを裏返し、用意した洗濯液に、ブラジャーを浸します。
裏返すことで、皮脂や汗の汚れが取れやすくなります。
[ 5 ]
汚れがつきやすいバック部・ワイヤーループ・テープ部分などをなでるようによく洗います。
取り出していたパットは、優しくもむように洗ってください。





【すすぐ】
[ 6 ]
洗濯液を捨て、新しいお湯ですすぎます。
泡がなくなるまで、ぬるま湯を交換しながら優しく揺らすようにすすぎます。





【乾かす・干す】
[ 7 ]
バスタオルなど、厚手で大きめのタオルを用意します。
パットは軽くしぼり、ブラジャーは形が崩れないように注意して水気を取り、タオルの上に並べます。
[ 8 ]
裏返しになっていたブラジャーを元に戻して形を整えます。
ハンガーに干す場合は、ブラジャーを逆さまにし、アンダー部分を洗濯バサミではさんで、風通しの良い日陰に干します。



 ▼ 動画の商品はこちら ▼
脇肉&背中のハミ肉をふっくら谷間にしてくれる「脇肉キャッチャー」


脇肉キャッチャー

流れる脇肉をバストへ!!
定番人気NO,1!迷ったらコレ
自分の贅肉でバストUP!


フィッティングサービス付き

現在登録されている商品はありません