こだわり検索 
商品タグ
並び順
カラー

ブラの洗濯は、手洗い・洗濯機どっち?

バストの形を美しく保ち、女性にとって欠かせないアイテムのブラジャー。なかにはレースや刺繍など繊細な装飾が施されたものもあり、他の衣類とまとめて洗濯していいものか…と迷ってしまいますよね。

洗濯機で洗うとワイヤーが歪んだり、生地が傷んだりするので手で洗った方が良い、と聞いたことがある人も多いと思います。

ですが「ブラジャーだけ分けて洗うのはめんどくさい」「具体的なやり方が分からない」「手洗いだとなかなか乾かないから臭いが気になる」など、なかなか最初の一歩が踏み出せないのではないでしょうか?

HEAVEN Japanがアンケートを行ったところ、約7割の人が洗濯機でブラジャーを洗っていることが分かりました。やはり、仕事や家事など忙しい日々の中で、わざわざ手洗いをする時間がないのが現状のようです。

洗濯機で洗うのは手軽で時短にもなりますが、生地の傷みといった目に見える変化のほか、ワイヤーの歪みによるバストラインの崩れなどを引き起こすデメリットも。

一方、手洗いだと手間はかかるものの、ブラジャーを長持ちさせることができるのです。自分好みのデザインや補整・サポート力に優れたブラジャーなど、気に入ったものはできるだけ長く、良い状態で使いたいですよね。

そこで今回は、なぜブラジャーは手洗いがおすすめなの?という基礎から、手洗いの方法まで詳しく解説。デメリットである「時間がかかる」「面倒」を解決するコツも一緒にご紹介していきますね。

 

ブラが長持ちする洗い方は、
やっぱり「手洗い」

ブラジャーを洗濯する前にまず確認してほしいのが「洗濯表示」。手洗い推奨の場合は、洗濯桶の中に手が描かれたマークがついています。

逆に、洗濯桶の中に「40」など数字のみが表記されている場合は、その水温を限度に洗濯機で洗えます。

レースやビジュー、ワイヤーなどが使われておらず、型崩れしにくいブラジャーなら洗濯機が使用できる場合も。同じブラジャーでも、素材やデザインごとに洗濯表示が異なるのでチェックしてくださいね。

では、手洗い推奨のブラジャーを洗濯機で洗い続けると、どうなってしまうのでしょうか?

◆ブラジャーのワイヤーが歪む

バストを支えるワイヤーや、お肉が脇や背中に流れるのを防ぐサイドボーンが洗濯機を使用することでどんどん歪んでしまいます。

実際、新品のブラジャーと1年間洗濯機で洗ったブラジャーのワイヤーを比べてみると、明らかな歪みが。こうなると、サポート力が落ちてブラジャーのズレやストラインの崩れを引き起こしてしまいす。

 

◆ワイヤーやボーンが飛び出す

ブラジャーに内蔵されたボーンやワイヤーが、飛び出してしまうことも。バストラインが崩れるだけでなく、肌を傷つけたり、こすれて痕になったりと、怪我に繋がる場合もあります。

◆レースが痛む

ノンワイヤータイプなら、歪みを気にする必要がないから洗濯機を使っても大丈夫!…という訳でもありません。レースが施されたブラジャーの場合、他の衣類との摩擦でほつれが生じてしまいます。

ビジューやリボンなどの細かいパーツが外れてしまうことも。せっかくデザインが気に入って買ったのに、ほつれが目立ってきた…なんてことになったら悲しいですよね。

 

◆生地が劣化する

洗濯機を使用した場合、他の衣類との摩擦だけでなく脱水時の遠心力もブラジャーに悪影響を及ぼします。「手洗いで30回」と「洗濯機で30回」洗ったブラジャーが、新品の時からどれだけ変化したかを検証してみました。

比べてみると、やはり洗濯機を使った方がレースのヨレやワイヤーの形など、くたびれた印象を受けますね。ブラジャーを長持ちさせるには、やはり手洗いの方が良い、ということがお分かりいただけたと思います。

手洗い推奨のブラジャーを洗濯機で洗った場合についてご説明しましたが、特にワイヤーやボーンの変形には注意が必要です。

なぜなら、補整効果が高いブラジャーの場合、バストを支える力やお肉の流れ防止といった効果が弱まり、本来の目的である美しいバストラインを保つことが難しくなってしまうからです。
 

ブラの手洗いをラクにするコツ

ブラジャーには手洗いがベスト、ということは分かっていても、毎日続けるのはなかなかハードルが高いですよね。そこで、手洗いがラクになるコツや、おすすめの洗い方についてご紹介します。

専用洗剤で洗いやすく

ブラジャーやショーツなど、デリケートな衣類を洗うために作られた専用洗剤を使うのがオススメ。普段の洗濯でよく使われている洗剤の多くは「弱アルカリ性」で洗浄力が強いのが特徴です。

一方、下着専用洗剤は「中性」や「弱酸性」が多く、生地や肌にも優しいのがポイント。つけ置きで十分汚れが落とせるので、生地をこすって傷めてしまうこともありません。

また、手洗いを想定して作られているため泡切れが良く、何度もすすいで時間がかかる…といった手間もなし!「今まで普段着用の洗剤を使っていた」「そもそも、手洗いをしたことがない」という方は、ランジェリー用の洗剤を使うだけで手洗いがグッと簡単になるはずです。

 

正しい手洗い方法について

次に、ブラジャーの具体的な手洗い方法について解説します。用意するものは下記の3つだけ。

  • 洗面器(洗面所で水を溜めて洗うのもOK!)
  • 下着用洗剤
  • バスタオルなど、厚手の大きめなタオル

<準備>

【1】洗濯表示を確認し、適した温度のぬるま湯を溜めます。使用できない洗剤の成分などが書かれている場合もあるので、要チェック。

【2】下着用洗剤に表示されている量をぬるま湯に溶かします。ボトルキャップで計量できるタイプや計量不要なプッシュボトルタイプもあるので、お好みの商品を選びましょう。

【3】ブラジャーのカップ内側からパッドを取り出します。パッド口を伸ばさないように注意してくださいね。この時、パッドポケットやサイドパネルの中にゴミや糸くずがないかも一緒にチェックしておきましょう。

※パッドを入れたまま洗うと、すすぎ残しや型崩れの原因になるだけでなく、十分に洗えず臭い残りや乾燥不足による生乾きの臭いの元になります。必ず外して洗うようにしましょう。

【4】フックを留めます。外したままだとレースに引っかかったり生地を傷めたりする場合があります。

 

<洗い方>

【1】皮脂や汗の汚れを落としやすくするため、ブラジャーを裏返して洗濯液に浸します。

【2】特に汚れがつきやすい背中側・ワイヤーループ(ワイヤーが内蔵されている部分)・テープ部分は念入りに。強くこする必要はないので、撫でるように洗ってください。取り出しておいたパッドは、優しく揉むように洗います。

【3】洗い終わったら、洗面器に溜めていた洗濯液を捨てて、お湯を交換しながらすすぎます。この時も強くこすったり絞ったりせず、優しく揺らすようなイメージで。ブラジャーやパッドから泡が出なくなれば、すすぎは終了です。

【4】最後は乾かすステップ。裏返していたブラジャーを元に戻して、形が崩れないようにタオルの上へ置きます。パッドは軽く絞ってからブラジャーと一緒に並べましょう。

タオルで軽く抑えて水気を切ったら、後は洗濯表示に従って干すだけ!ここで乾燥機を使ってしまうと、ワイヤーの型崩れや生地の傷みが生まれるので要注意です。

 

干し方のポイントは、ブラジャーの一部分だけに力がかからないように気をつけること。洗濯バサミで挟む時は、伸びにくいアンダー部分の左右2か所を留めます

ストラップやパワーネットを挟むと、カップの重みでブラジャーの形が変形するおそれがあるのでNG。洗濯バサミを使わない場合は、ブラジャーの前中心をハンガーなどにかけ、二つ折りで干すようにしてくださいね。

 

「手洗い」を、
毎日のルーティーンに

下着専用の洗剤を使えば、意外と簡単に手洗いできることをご説明しましたが、さらにおすすめなのが「入浴時間」を活用する方法。洗い方の手順は、先ほどご紹介したとおりです。

【1】お風呂に入る時に、洗面器にぬるま湯と洗剤を入れて、パッドと裏返したブラジャーを浸しておきます。髪や体を洗っている間に、洗剤が汚れを浮かしてくれます。

【2】お風呂から出る時に、一緒にブラジャーのすすぎも終わらせます。

【3】乾燥の前にひと工夫。浴室内のタオルハンガーなど、水が垂れても問題ない場所にブラジャーをかけて水切りをしておきます。

【4】タオルでブラジャーとパッドの水気を切ります。乾燥に使ったタオルはそのまま洗濯機にイン!後はブラジャーの形を整えて、洗濯バサミでアンダー部分を挟んで干せばOKです。

干す場所は、風通しの良い日陰がおすすめ。直射日光が当たる場所だと、生地が色あせてしまったり黄ばんだりするおそれがあるので注意してくださいね。

 

また、「冬だからあまり汗もかかないし…」という油断は禁物。着用した日にブラジャーを洗って、皮脂の汚れが溜まるのを防ぎましょう。

汚れが蓄積すると、1回の手洗いでは汗や皮脂を落としきれず、結果として洗い不足による臭いの原因などに繋がってしまいます。

バスタイムを上手に使えば効率よく下着を洗うことができますし、日々の習慣として取り入れやすいですよね。

 

ブラを賢く長持ちさせるには、
手洗いがオススメ

いかがでしたか?今回は、ブラの劣化には洗濯機が影響していること、手洗いならお気に入りのブラジャーが長持ちすることをお伝えしました。

手洗いの正しい手順や、ラクに洗えるコツも一緒にご紹介したので「手洗いした方が良いのは知っているけれど、ちょっと面倒…」と感じていた人は、ぜひ下着用洗剤を使ってブラジャーを洗ってみてくださいね。

手洗いだと「洗濯機に入れてスイッチを押すだけ」よりはどうしても手間はかかってしまいますが、毎日きちんと洗っていくことで愛着もわいてきます。

また、同じブラジャーばかりを着けていると、その分劣化するのも早くなってしまうので、3~4枚ほどをローテーションすることでより長く愛用できますよ。

毎日私たちの肌に寄り添い、美しいボディラインを保ってくれるブラジャーだからこそ、丁寧に扱って賢く長持ちさせましょう!

 


ご紹介した下着用洗剤はこちら
↓↓下着を長持ちさせる洗剤「ブラシャン」↓↓
ブラシャン