こだわり検索 
商品タグ
並び順
カラー
ノンワイヤー

「授乳を終えたのに、ワイヤー入りブラジャーを着ける気になれない…」「下着のことを気にしない生活を続けていたら、全体的にお肉が垂れていた…」という人はいませんか?
妊娠・出産・産後期は、体型が急激に変わる時期。断乳して、「妊娠前のバストラインを取り戻したい!」という気持ちが芽生えたら、まずは胸の崩れが起こる原因を知り、それを防ぐケアをしていきましょう。

卒乳

 

卒乳後の胸は崩れやすい

妊娠から授乳を経て卒乳するまでに、胸にはさまざまな変化が起こります。主な3つのポイントを見ていきましょう。

 

ホルモンバランスの変化

妊娠すると、女性の体は赤ちゃんに栄養分を与えるとともに、出産と母親業に備えて準備期間に入ります。エストロゲンやプロゲストロンという女性ホルモンの分泌が増え、胸が大きくなります。さらに、オキシトシンというホルモンが作用することで母乳が蓄えられ、授乳期間中は重さもアップ。そして、卒乳後はそれらのホルモンが急激に低下して母乳は止まり、大きさも元に戻っていきます。

 

急激なバストサイズの変化

出産までに約2カップほど大きく重くなった胸は、単にサイズアップすると思いがちですが、母乳を出すために乳腺が発達し、形も容量も大きく変わります。卒乳すると元の大きさに戻りますが、急激なサイズ変化により伸びてしまった皮膚が余ることで、胸は柔らかくなりハリを失ってしまいます。そのため「痩せたわけではないのに、デコルテだけがガリガリに」「左右の胸のサイズに大きな差ができてしまった」「胸のお肉がお腹に流れていた」など、一気に老けた印象の胸になってしまうのです。

 

クーパー靭帯の変化

胸には「クーパー靭帯」というコラーゲンを主成分とした硬い結合組織があります。乳頭、大胸筋、皮膚とつながって胸全体を包み込むように張り巡らされ、胸を乳腺や脂肪を吊り上げて脇や背中に流れないように支えています。丸く、上向きのキレイなバストを保つのに欠かせないのがクーパー靭帯なのです。

クーパー靭帯は、365日24時間ずっと胸を支えているので、次第に伸びたり切れたりしてしまいます。ゴムと似たようなもので、加齢とともにその力が弱まってしまうのです。特に妊娠中や授乳中は、ホールド力の弱いブラジャーを着用するため、大きくなった胸を支えることができず、クーパー靭帯が傷つきやすくなります。そして残念ながら、伸びたり切れてしまったクーパー靭帯は、二度と元には戻りません。

バストの仕組み

このように、妊娠・出産、そして授乳をバストは、とてもデリケートで形が崩れやすい状態。卒乳後「バストトップの位置が下がった」「胸のたるみを感じる」といった変化は、誰にでも起こるものなのです。では、どのようなことに気をつけてケアをしていけば良いのかを、次にお伝えしていきますね。

 

ラクしても胸をキレイに保ちたい!

妊娠・出産・授乳期をきっかけに、シルエットが大きく変化してしまったバスト。そのことに気づくと、一刻も早く元のバストラインを取り戻したいという気持ちになりますよね。でも、「すぐに補整するブラジャーを用意しなくては」と慌てなくても大丈夫。というのも、急にホールド力の強いブラジャーを着けると血行不良になるなど、ゆっくりと元に戻ろうとしているバストにマイナスの影響を与えてしまうこともあるからです。また、この時期のバストサイズは刻々と変化しているので、正しいブラジャーサイズが判断できません。ですから、バストサイズが落ち着くまで、少なくとも「卒乳後3ヶ月」は様子を見ましょう。

下垂

そして、この時期に手軽にできるケアをご紹介します。

姿勢を正す

赤ちゃんを抱っこしたり、おむつ替えをしたりと、どうしても前屈みや猫背になってしまいがちですが、悪い姿勢は胸の下垂の原因になってしまうことも。時には背筋をピンと伸ばして胸を張り、肩を開くことを意識してみましょう。

睡眠をたっぷり取る

睡眠中に分泌される、成長ホルモンと女性ホルモンは「育乳」につながると言われています。特に、22~2時はホルモン分泌のゴールデンタイム。なるべくこの時間帯に睡眠を取って、バストアップを目指しましょう。

 

育児や家事をしながらバストにまで気を配るのは、とても大変なこと。まずはゆっくり休んで、無理なく自分のペースでバストケアをしていってくださいね。

 

お肉が流れてしまう前に…

授乳期間が短かった人も長かった人も、「卒乳後3ヶ月」というポイントを押さえたら、アンチエイジングのスタートラインに立ちましょう。
バストケアには、正しいブラジャー選びが欠かせません。
授乳を終えた胸は、乳腺が張り巡らされていた産前と違い、柔らかく脂肪の多いバストに変化。柔らかい分、垂れやすくもなっています。妊娠・授乳中にお世話になった授乳ブラやカップ付きキャミソールなどは補整力が弱いため、放っておくと、どんどん背中や脇に逃げて行ってしまいます。

正しい下着

そんな時こそ「ノンワイヤーブラ」がおすすめ。HEAVEN Japanの「脇肉キャッチャー ノンワイヤー」は、柔らかくなったバストもしっかり固定して、理想のふっくらとしたバストラインを作ってくれます。ラクなのにズレない、快適な着け心地でノンワイヤーブラ初心者の方にも取り入れやすい商品です。

 

【脇肉キャッチャー ノンワイヤー】の商品詳細は
↓↓こちらをご参照ください。↓↓
脇肉キャッチャー ノンワイヤー

 

「できれば産後も美乳でいたい」というのは、全てのママたちの願い。そんなママたちの美ボディを保つ第一歩につながるのが、正しいブラジャー選びです。
その時の状態にあった補整機能のあるものを徐々に追加していくことが大切。
また、妊娠前のバストサイズに戻ったと思っていても、トップやアンダーのサイズが変化していることもよくあるので、サイズを測りなおすことも忘れずに。

無理をすることなく体型崩れを防いで、理想のバストラインを手に入れましょう!